Security セキュリティ

徹底した侵入防止・防犯対策

FRTデータセンターのセキュリティシステムでは、非接触型IDカードを採用しています。このセキュリティシステムは、センター内の各扉に備え付けてあり、「いつ・だれが・どの部屋で」どのくらいの時間を滞在していたのかが記録保存されます。
館内には、至るところに監視カメラを設置し、ネットワークオペレーションセンター(NOC)に常駐している運用担当者が一元的な監視を行っております。

Tire4※に準拠した7つのセキュリティレイヤー

入館からサーバールームまでには、入退室を厳しく管理する7つのセキュリティチェックポイントで監視を行っております。

Tire4:日本データセンター協会(JDCC)が制定した「データセンターファシリティスタンダード」の中で定義されているデータセンター のサービスレベルを示す基準の最高値。

7つのセキュリティレイヤー

事前の入館申請

当センターは、お客さまの大切な情報資産をお預かりしております。そのため第三者が容易に近づけないように情報セキュリティの管理を行っております。そのため、当センターにお越し頂く前に、専用のWebポータルサイトより、入館のご予約申請を頂いております。

入館手続き

受付で、顔写真付身分証をご提示いただき、ご本人様確認を行います。ご本人様の確認が取れましたら、生体認証情報を登録頂き、利用権限に応じたIDカードをお渡して、入館の許可を行います。
受付
受付

非接触型IDカード

非接触型IDカードはセンター内の各扉に設置され入退室する際に利用します。IDカードによる入退室の情報は、すべて記録保存されます。サーバールーム入口前の前室(バッファスペース)では、アンチパスバックシステムを採用し、セキュリティ強化を行っております。
非接触型IDカードリーダー
非接触型IDカードリーダー

生体認証

当センターでは指透過認証システム(生体認証)を導入しております。最重要区画であるサーバールームへ入室する際は、IDカード認証+生体認証を行う事により、セキュリティレベルの向上を図っております。
指透過認証システム
指透過認証システム

監視カメラ

館内では、至るところに監視カメラを設置し、24時間常時録画監視を実施しております。
ネットワークオペレーションセンター(NOC)と結んだ厳重な監視システムで、徹底した侵入防止・防犯対策を実現しています。
監視カメラ
監視カメラ